2016年3月31日木曜日

Day9:Strasbourg(ストラスブール)に移動

大荷物を郵便局に無事届け(一時は受付のお姉さんに、こんな大きな荷物送れない!
と言われて、責任者みたいな人にやっと許可をもらって大わらわ状態でしたが…)
午後のフライトに合わせてガトウィック空港に移動です。
移動は専らコーチ(長距離バス)を利用します。列車は高いので。

空港にてJamie Oliverのレストランがとても賑わっていて気になったので入ってみました。

カニのパスタ
これがもう絶品で!!!入ってみて良かった〜また食べたい!!!

今回もeasyjetにお世話になります。
フランスに移動。

曇り空

到着したのはStrasbourg(ストラスブール)
フランス北東部に位置し、一時はドイツ領になったりフランス領になったりと波乱の歴史がある街です。


空港から市内までは電車で移動します。
しかし!券売機がフランス語のみで大苦戦(涙)
なんとか近くにいた人に教えてもらって購入出来ましたが、電車を1便逃してしまいました。
フランスってほんとこういうところありますよね…


こちらがストラスブール駅
なんと旧駅舎をドームですっぽり覆った斬新なデザインです。

重たいスーツケースを転がして今度はホテル探し。
地図は持っていたものの分かりにくくて何度も人に尋ねる(苦笑)
そしてやっと見付けた!若干通り過ぎていたという…情けない。
今回お世話になったのは"Montempô Apparthôtel Strasbourg"(モンテンポアパートホテル)
駅から徒歩で10分掛からないくらいです。




部屋もとっても清潔。
ストラスブールの中心部までも徒歩で行けます。(20分程掛かりますが)

着いたのが夕方だったので、少しだけ街を散歩してみることに。
緑に覆われたビル

橋も綺麗な花でデコレーションされていてとっても美しい

田舎町っぽい雰囲気がとても好み




緑や花が溢れている

こちらがアルザス地方特有のコロンバージュ(木組み)の建物


ここのジェラート屋さんが美味しいそうです。
私は行けなかった…

プチフランス周辺


きのこ発見!


アルザス的なポテトチップス?と思って購入。
フランス語が読めないので全て勘。

帰りにスーパーに寄ってホテル飯。
フランスはパンが美味しい。スーパーのパンも美味しい。
そしてキャラメルのプリンも美味しい。乳製品祭りです!

2016年3月30日水曜日

Day8:Sunbury Antique Market(サンバリーアンティークマーケット)

8日目のこの日は大好きなアンティークフェアへ!
まずはWaterloo駅までbusで移動します。
駅構内はジェラシックワールド一色!皆こぞってセルフィーしていましたよ。

今回のアンティークフェアはWaterlooから電車で45分程と比較的近場にあります。
移動中に腹ごしらえ。昨日買ったおにぎり。

ここのアンティークフェアはとにかく日本人の方がたっくさんいらっしゃいます!!!
あちこちから日本語が聞こえて来るのでなんだか不思議な気分になります。

こちらのビルの1階も会場です。

そして屋外もあります。


前回は冬だったので非常にこじんまりしており、ちょうどいい大きさだなーなんて
思っていたのですが、今回は初夏だったこともあり、屋外に沢山のストールがあってびっくりしました。

本来は競馬場なのです。
今回も沢山歩いて、沢山素敵なものが見付かりました。大満足^^

帰りの電車からシャードが見えたのでパチリ。


ホテルに帰るbusの窓から。ロンドン観光してます。

一旦ホテルに戻ってまたまた街歩きに繰り出します。
ノッティングヒル駅近くにある"Candella" と言うカフェへ。

まずは写真をご覧あれ。
とにかく店内がとっても素敵なのです!!目がハートになります!!
とってもちっちゃなお店なので写真を撮るのも憚られるのですが…
1人でも気軽に入れるお店です。店員さんもとっても感じが良かったです。





スコーンとティーがセットになったクリームティーをオーダー。
クリームがさっぱりしていて軽めで美味しかった〜いくらでも食べられそう!

そして美しくノスタルジックな空間に癒されます。
また行きたいです!

その後は前回閉まっていたチャリティーショップのある街へ。
この街もどこを見ても可愛いもので溢れていてちょっとハイソで、大好きです。

エイミーワインハウスのグラフィティを発見。(場所不明)

さて、明日はいよいよ大陸に渡ります。
その前に全ての荷物を発送しなければなりません。
もうこの作業がとにかく大変なのです…
今回はこちらの大きな段ボール2箱を近くの郵便局まで運ばなくてはなりません。
もう毎度毎度泣きたくなる瞬間です。(大袈裟じゃなく)

ちなみに日本語と英語両方で段ボールに大きくアドレスを書いておきます。
そして郵便局から同じアドレスに2つ以上送ると割引があります。
でも次回からはホテル集荷してもらおうかな〜とか色々考えております。

ちなみのちなみに段ボールは大規模アンティークフェアで買うことが出来ます。
それほど高くないので、そこで買うのがベストかと思います。
普通に街中で大きい段ボールを手に入れることは難しいです。

2016年3月24日木曜日

Day7:Kenwood House(ケンウッドハウス)〜Hampstead(ハムステッド)

7日目のこの日はオフ!
ずっと行ってみたかったKenwood Houseに行って来ました。

ヴィクトリア駅内にはちょっとしたショッピングモールがあります。
オランダの雑貨屋さん"HEMA"が出来ていてびっくり!
こちらに来て極度の乾燥に悩まされており、こちらでクレイマスクを購入しました。
しかしとてつもなく高く、次回からは必ずパックを持参しようと固く決意。

ヴィクトリア駅構内はいつも大勢の人でひしめき合っています。
国旗のデコレーションが可愛い。

まずはバスに乗って大好きなチャリティーショップに向かいました。
バッキンガム宮殿のライフガーズ(近衛騎兵連隊)と写真を撮る大勢の観光客。
(バスの2階から撮影しました。バスに乗るなら断然2階がオススメです!)

チャリティーショップに向かう道
橋のグラフィティが変わっていました。



とにかくグリーンと花が綺麗で写真を撮りまくる。




ガーン…なんとお休みでした(苦笑)

また来よう。ウィンドウだけパチリ。
チラッと見えるコットンバッグ買い付けています。
とっても可愛いので是非チェックしてみて下さい。



移動はほとんどがバスなのですが、今回は少し不便だったのでtubeを使いました。

じゃじゃん!観光に便利なtube mapは駅に置いてあるので頂きましょう!

ロンドンアイが描かれた可愛いシート

ユダヤ人と日本人が多く住む街、Golders Green
写真のバスステーションではなく、
もう少し先のバス停からKenwood House行きのバスが出ています。

バスとtubeを乗り継いでやっと到着!
Kenwood Houseです。

立派な建物ですが、なんと入場無料なのです!!





この絨毯が余りにも素敵で…




図書室がパステルカラーで可愛すぎ!








シノワズリな暖炉


Kenwood Houseは庭も素敵でした。



こちら側から見た方が有名かも?
映画「ノッティングヒルの恋人」で登場しました。
ジュリア・ロバーツが映画の撮影をしていたシーンです。





こんな素敵な庭でティータイムが出来るなんて!
イギリス人ってほんと幸せ者だと思います。羨ましい〜!


さて、Kenwood Houseを堪能した後はちょっとハムステッドに寄り道です。



井形慶子さんの本に出て来る"Louis"
クロワッサンが絶品と書いてあったのでどうしても来たかったのです。

うん、美味しかった!!

アンティークセンターもあるとのことだったので楽しみにしていましたが
全然開いてなくて、通り過ぎただけでした。


本日のホテル飯。KABUTO Noodles!
どうしてもカップラーメンを見付けると買ってしまう…

あとはヴィクトリア駅構内にあるwasabiでおにぎり。今日は1個だけ。
ちなみにKABUTO Noodlesのお味ですが…激マズでございました。